看護師のための総合情報ブログ【ごんちゃんのへや】

これから看護師を目指す方や若手の看護師としてに向けて、看護師としての生き方を考えるきっかけを作るために。

看護師のための総合情報ブログ【ごんちゃんのへや】へようこそ!

こんにちは!
看護師のための総合情報ブログ
【ごんちゃんのへや】へようこそ!

今回は

新人看護師が基幹病院で働くメリット・デメリット

 

 【はじめに】

 最初に就職する病院は、基幹病院を選ぶ新人看護師が多いのではないでしょうか。また、入職後にやはり基幹病院に就職すればよかったと後悔している新人看護師も多いと思います。

 

今回は、新人看護師が基幹病院で働くメリットやデメリットをまとめていきます!

 

【新人看護師が基幹病院に就職するメリット3つ】

≪特に新人の教育制度が充実している≫

新人看護師が基幹病院で働くメリットの1つ目は、特に新人看護師の教育制度が整っていることです。基幹病院では、毎年多くの新人看護師を採用しているため、新人看護師の教育制度が整っている傾向があります。

 

生涯学習をうたっている病院が多く、2年目以降も継続学習という形で様々な研修やキャリアパスが用意されていることが多く、自分の突き詰めていきたい分野を専門的に学びながら、看護師として成長していくことができます。

 

特に大学病院ではその傾向が強く、進呈看護師や専門看護師の資格取得支援制度も充実している病院もあり、スペシャリストを目指すことができます。

 

またジェネラリストを目指すコースや看護管理者を目指すコースも選択していくことができます。基幹病院で勤務していると、自分が理想とする看護師になるための研修を自分で選んで受けることができるため、希望に応じたキャリアを積んでいくことができます。

 

≪多くの看護スキルを身に着けやすい≫

新人看護師が大学病院で働くメリットの2つ目はたくさんの看護実践経験を積むことができることで、多くの看護スキルを身に着けやすいということです。特に大学病院では最先端の高度な医療を行っており、症例数が少ない症例も経験することができます。


そのため重症度が高く医療行為を行う機会が多いため、看護スキルを身に着けやすいのです。基幹病院で急性期看護を学び、看護スキルを身に着ければ看護師として十分な土台を作ることができます。

 

看護スキルを身に着け、看護師としてしっかりとした基礎を築いておけば、その後はどこにいっても応用が利きます。

 

≪一般病院にない好待遇≫

新人看護師が基幹病院で働くメリットの3つ目は、一般の病院と比較して待遇がいいことです。新人看護師は特に、毎日忙しいうえに人間関係に悩んだり、たくさんの課題を与えられたりと、体力的にも精神的にもとても負荷が大きい日々が続きます。

そんな中で、休みが少ないと正直めちゃくちゃきついですよね・・・

基幹病院の場合は年間休日が120日程度ある病院も多く、メリハリのある勤務をすることができます。

 

また、基幹病院は給料も高めに設定されている場合が多いです。病院規模による給料の差は以前の記事看護師とお金のリアル - 看護師のための総合情報ブログ【ごんちゃんのへや】を参照してください。

 

休みが多いのに給料が少ない場合、せっかくの休日に何もできない状態になりますよね。そんな心配も、一般病院と比較して少ないのです。

 

さらに、休日の多さや給料ベースが高いことで、自分のキャリアアップとしての選択肢も広まります。つまり資格を取りに行きやすい環境にもあるのです。効率的に資格を取得するための方法は、以前の記事看護師が効率的に資格を取得する方法 - 看護師のための総合情報ブログ【ごんちゃんのへや】を参照してください!

 

【新人看護師が基幹病院で働くデメリット2つ】

≪一部の看護技術を身に着けられない≫

新人看護師が基幹病院で働くデメリットの1つ目は、一部の看護技術が身に着けられないことです。基幹病院では看護師だけでなく医師も入れ替わりが激しく、研修医も多いため採血や静脈注射、マーゲンチューブの挿入などを研修医が行う場合もあります。

 

特にそれは大学病院やナショナルセンター系の病院に多い傾向があります。

 

≪体力的にきつい≫

新人看護師が基幹病院で働くデメリットの2つ目は、体力的にきついことです。正直言って、基幹病院での勤務は忙しいです。

 

勤務中は記録している余裕もなくバタバタと一日中動き回っていることも多くあります。そのため、体力的にきついと感じることが多く、勤務後はいつも疲れ切っていて自分の時間を有効活用できない・・・なんてことも珍しくありません。

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?

今回は、新人看護師が基幹病院で働くメリットやデメリットをまとめてきました。

私は、新人看護師時代から超急性期で看護実践を行っています。その中で、様々なことを学びました。人生のどん底⁉看護師1年目の乗り切り方‼ - 看護師のための総合情報ブログ【ごんちゃんのへや】でも紹介したように、新人看護師時代はかなり精神的にも身体的にもきつい日々を送っていました。

 

正直、やめたくなることなんて数えきれないほどありました。それでも、いざ転職をしようと考えたときに様々な病院や医療関連の一般企業でキャリアを評価していただき、内定をもらうことができました。

将来の選択肢を広げるという意味でも、できるだけ若いうちに基幹病院で勤務してみることをおススメします。

 

~P.S~

もしも今すごく辛くてしんどいなら、
そんな時はごんちゃんがいます。
オンラインプリセプター承ります。

詳細はInstagramまたはTwitterアカウントのDMまで!

 

転職したいと考えるならこちらも参考までに

gonchanroom2nd.hateblo.jp

 

☆看護師で資産運用を考えているあなた

資産運用についての個別相談も受け付けます!

ちなみに今後、FP資格を取りに行く予定にしているので私も勉強のために本気で相談に乗ります!!(あっもちろん無料です!)

 

初心者でも安心!ポイ活応援サービス モッピーで“ポイ活”はじめよう | 「ポイ活」するならモッピー。国内最大級のポイント・マイルが貯まるポイントサイトです。